11月 « 2007年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月22日の釣果

2007年 12月25日 20:14 (火)

12月22日(土)
茨城県某堤防
曇り 朝方無風後北西風2.5~3m
中潮
満潮: 3:42  13:06
干潮:20:57   7:51

今日も釣友2人との釣行です。
場所もいつものホーム。
先々週はベストポイントに先客がいたので今週は心なしか皆早足で
ポイントに向かいました。

しかし、今日はほとんど釣人がいません。
ベストポイントの反対側に2人の釣り師、きっとメジナ狙いでしょう。

前回の混雑は何だったのでしょう?
みんなクリスマスの準備で忙しいのかしら?

前回ボだった釣友に一番先に釣り座を決めさせ釣太は一番最後に
先端側に釣り座を構えました。

まだ夜が明けきらない6時ちょうど、第1投目をキャストしました。
狙いは勿論カレイ君です。
ここは沈み根も無く根がかりの心配ゼロの場所、とりあえずお決まりの5~60m
付近を狙います。
そして2本目、3本目と次々にキャスト、少しづつ距離を変えて投げわけました。
今日は釣り納めのつもりだったので餌も奮発してアカ、アオMixです。

まだ夜が明けきらぬ


暫くしてあたりは明るくなりましたが竿先の鈴はチリリとも鳴りません。
今日の潮だと昼過ぎくらいが勝負かなと思っていたのでこのときはまだ余裕で構えていました。

そうこうしているうちに9時ごろ反対側の釣り師がアジを上げはじめました。
釣友2人も慌てて隣に入らせてもらいサビキ仕掛けを投げ込んでいます。
それにしてもこの時期アジが釣れるなんて・・・

どうせすぐ釣れなくなるだろうと思い釣太はひとり投げ竿の世話をしていました。
しかし、サビキを投げ入れるたびに結構な型を上げています。
釣太も大急ぎでサビキを準備して参戦です。
でも、仕掛けは2つしかもって来ていません(だってサビキはもう終わりだと思ってたもん)
当然コマセなんか買ってません。
釣友のコマセを半分ぶんどってせっせと投げ続けました。

そのうち25前後のサバが混じるようになり1個目の仕掛けをグチャグチャにされてしまいました。

やばい!あと1個しかない!あせりながらも打ち返すと上がってくるのはサバばかりになりました。
そして10時を過ぎるとサバもポツポツになりコマセも無くなりサビキタイム終了しました。

一方、投げっぱなしの竿は・・・相変わらず変化なし!
餌もほとんどそのまま帰ってきます。

投げても投げても変化なし、時々★こんなのが付いてくるだけでした。
どおりで人が少ないわけだ。
みんな釣れないのが分かってたのね?
結局、午後4時まで粘ってみるもこの日堤防全体でカレイが上がった話は聞けませんでした。

それにしてもアジ・サバが12月になっても釣れるなんてここは鹿嶋か?房総か?
これも地球温暖化の影響でしょうか?だとしたら今シーズンのカレイ・アイナメは年明けからか?
でも、日立新提ではけっこうなサイズが上がってるみたいだし、ここの場所だけまだシーズンインしてないのか?
とにかくなんとなく消化不良な釣行になってしまいました。
本当なら40オーバーを上げて気持ちよく新年を迎えるはずだったのに・・・
まぁアジ・サバともに辛うじてつぬけだったので良しとしよう。

それにしても今年1年、本当によくここに通いました。
それなりに良い思いもさせてもらったし、比較的空いてるポイントなのでやっぱりMy Favourite pointになるでしょう。
でも、新しい場所でも釣りしたいな、どこかいいとこないかしら?
教えて鹿丸さん!

では、来年も祈大漁!

CIMG1225.jpg














スポンサーサイト

与えてもらうばかりではなく・・・

2007年 12月19日 03:10 (水)

NO
NO FISHING,NO LIFE

こんなのを見つけました。アングラーズバンドって言います。
アングラーズバンドとは[フィッシャーマン」が考案した活動で、販売価格300円より製作費を差し引いた収益金を、財団法人日本釣振興会へ寄付するものです。「no fishing, no life」(釣りの無い人生なんて考えられない。)を合言葉に「釣り人の未来のために」という理念に基づき運営致します。賛同の意思の証として、ご購入いただいた方にアングラーズバンドを身に付けていただくことが私たちの願いです。
集められた寄付金に関しましては、「フィッシャーマン」がすべての責任を持って財団法人日本釣振興会へ手渡すとともに、その用途として釣り人たちのための釣り場環境保全事業・放流事業・釣り場造成事業に役立てていきます。
また寄付を行うごとに証明書の発行を依頼するとともに、全ての店頭にて公開し透明性を確保致します。
(以上活動内容説明より)


私達は日ごろ海からいろいろなものを貰うばかりで何も返してはいないのが現実。
それどころかゴミや釣り糸や針などのポイ捨て、フグやヒトデなどの放置などが目につきます。
一方では海岸の清掃や港や堤防の整備などに力を尽くされている人たちがいるのも事実です。
そんな努力をされている方々に少しでも協力できればとう思いと釣りと言うすばらしい世界を与えてくれた海に対して少しでも何か返すことができたらいいなと思い今回購入したわけです。

一人ひとりの小さな力も何千、何万と集まればきっと大きな力になる。
お決まりのような台詞ですがはじめなければ何も起こらない、いつまでも楽しい釣りができるよう大切な海を守っていけたらいいと思いました。

鹿丸さんのブログをリンクしました

2007年 12月11日 23:56 (火)

足元の魔術師こと鹿丸さんのブログをリンクさせていただきました。
釣太と同じ県在住(お隣の市)でガッツ石松を崇拝されている
海釣り中毒の方です(失礼<(_ _)>)
まだお会いしたことはありませんが気さくで優しいお人柄が
ブログに現れています。
訪問される方のコメントを見てもそのことがにじみ出ていますね。
一度覗かれることをお勧めします。

12月8日(土) 某堤防

2007年 12月10日 01:55 (月)

12月8日(土)
茨城県某堤防
晴 北西風3~4m
中潮
満潮:13:58  4:06
干潮: 8:52 21:29

午前2:30自宅を出発、途中釣友宅を2件廻り、本日は
4名での釣行です。
目的地はいつもの堤防。
いつもながらの荷物満載での釣行です。

先週、日立で不幸な事故があり改めて海の怖さを感じました。
いくら足場の良い堤防とは言え安全には十分注意することが
必要です。
と、言うわけでスパイク&ライフジャケット着用で堤防までの
道のりをてくてく歩きます。
目的のポイントはすでに満員、仕方ないので手前20mにお店を
開きます。

本日の釣り物はカレイ、水温もだいぶ下がりここでもポツポツ
上がっているようなので迷わず自作湘南天秤仕掛けで投げ竿3本を
次々に投入、50カレイに期待をして暫し待ちます。

すると、右側に釣り座を構えた釣友のサビキ仕掛けにアジが
掛かりました。
時には全部の針についてきます。

慌てて釣太もサビキ仕掛けを出します。
しかし、掛かるのは右側ばかり、釣太には全く掛かりません。

すぐあきらめてサビキ仕掛けは投げたままになってしまいました。

暫くすると3人のオヤジが釣友の隣に割り込んできました。
先釣者との間はわずか3~4mそこに3人ものオヤジが・・・
彼らはコマセを作るとバンバン撒きだしました。
そして浮き釣りでアジを上げています。
そうです、彼らはそこがアジポイントだと知っていたのです。
そして最初から割り込むつもりで重役出勤してきたのです。
当然何の挨拶も無です。
思い出しても腹が立つのでこの話はこれくらいにしておきましょう。

さて、釣太の方はと言うとさっぱり釣れません。
竿先の鈴はチリンともなりません、回収する仕掛けに餌は付いたまま。
周りもカレイの釣果は無いもよう。
あまりの退屈さに大の字になってうとうとしてしまいました。
どれくらい経ったでしょう?釣友があっちでカレイが上がったと
ベストポイントの方を指差す声で目が覚めました。
そろそろ時合いか?
そう思って餌変えのために竿を順に上げていきます。
勿論、聞き合わせをしてからです。

すると真ん中の竿に何か付いています。
リールには小さいながらもカレイの手ごたえがあります。
「そ~れ、来たぞ~」仲間に声をかけると一気に巻き上げました。
海面に見えたのは30Cmくらいのマコガレイでした。
タモをもってかけてくる釣友が到着する前に「えい!」と
抜き上げてしまいました。

上がったのはやっぱりジャスト30Cmのマコです。
なかなか身厚です。
とりあえず「ボ」は逃れたので良かった~

その後もマメに餌変えをして距離を変えてキャストしますが
2枚目を上げることはできませんでした。

同行の釣友はテトラ側で32Cmのアイナメを上げていました。
2時半、早上がりしなければならない釣友のために撤収準備を
していると別の釣友が35Cmくらいのマコを上がりの1枚で
上げました。
釣太がタモに入れた瞬間、針がはずれタモの中へギリギリキャッチ。
危うく逃がすところでした。

帰宅後、裁いて見るとおなかの中に卵が詰まっていました。
実は釣太は子持ガレイは初めてです。
昨シーズンはオスのマコと産卵後のマコしか釣れなかったのです。
卵は丁寧に取り出し煮つけに、身はお刺身で頂きました。

いよいよシーズン到来、寒さに負けないように厚着して年内に
もう1枚上げたいと思います。

最後にもう一度、楽しい釣りをするために必ずライフジャケットを
着用しましょう!そして釣り場のゴミは持ち帰る、これ大人のマナー!
そういえば割り込みオヤジはゴミも全てポイ捨てでした。
まぁ常識無いから割り込みもポイ捨てもなんとも思わないのか・・・

写真取ったつもりだったけど保存し忘れたので拠写真はなし( ̄▽ ̄;)!!ガーン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。