02月 « 2008年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月22日(土)の釣果報告

2008年 03月23日 22:16 (日)

3月22日(土)
日立第5埠頭
晴 東風2~4m
大潮
満潮: 4:21 16:40
干潮:10:30 22:38

そろそろチアユが釣れてきていると言うことで今回は日立第5埠頭へ
チアユ狙いで行ってきました。
今日はいつもの釣友とその会社の方の3名で釣行です。


日立沖堤防に太陽が顔を出すころ第5埠頭に到着。
目指すはチアユポイント、幸い先釣者はカレイ狙いかフェンスよりに
数名、早速ハイパーパニックを準備して1.5-53磯竿を出しました。
それと保険にいつもの投げ竿、自作段差針のカレイ仕掛けを
船道めがけ投げておきます。


1昨日から低気圧の通過に伴い沖提は波を被っています。
そのためうねりが入りかなりの濁り、潮は湾内に出たり入ったり
激しく動いています。


冷たい東風に耐えながらシャクリを続けるもゴミしか付いてきません。
そんな中、同行の釣友らがなんとかチアユをかけ始めました。
釣太の竿はピクリともしません。


暫くして置き竿にしていた投げ竿をサビいてみるとかすかに
魚の反応、慌ててリールを巻いて上がってきたのは34Cmの
マコ様でした。


外道です。
dai5




ここ第5埠頭でもたまにマコガレイが上がるのはHFCのHPで
知っていましたがまさか自分の竿にかかるとはビックリです。
しかし、今日の本命はチアユです、外道には変わりありません。


嬉しい外道に気を良くして暫くパニックをしゃくりましたが
上がり30分くらい前に7Cmほどのを1匹上げただけで
12時納竿としました。


時化後で状況は最悪、しかも冷たい東風で早上がりとしましたが
次回はお天気が続いた後にリベンジしたいと思います。


チアユの唐揚げを肴に冷えたビールをキューっと・・・あぁたまらない!




本日の釣果
チアユ  7Cm  1匹
(3人でチアユ10匹強)
マコカレイ 34Cm 1枚


では、祈大漁!                釣太でした。


スポンサーサイト

3月8日の釣果報告

2008年 03月09日 01:27 (日)

3月8日(土)
茨城県某堤防
晴 南風0.5~2.5m
大潮
満潮: 4:48 16:30
干潮:22:22(3/7) 10:35



3時半、いつものように自宅を出発、片道約2時間の釣行です。

5時を少し回ったころいつものエサ屋さんに到着、最近カレイ好調
数釣れているとの情報、行きつけのポイント以外の場所を教えて
頂きました。

「たまにはアウェイもいいか」とポイントに向かいました。
今思うと・・・・

途中一緒になった地元の方の話を伺いながら現着です。

色々な諸事情でポイントに到着したのは7時少し前になって
しまいました、「へたこいた~!!」

すでにカレイのポイントはギッシリ竿が立ち並んでいました。
でも、釣人の数はそんなに多くありません、なんで??

みんな5~6本も竿を出しています、まるでシーズンの久慈川
河口のようです。


仕掛けが何処に飛んでいくか分からない釣太はそんな密林に
分け入る勇気なんて全くありません。

仕方なくアメリカのほうを向いて?キャストすることにしました。

今日も2本は天秤吹流し仕掛け、1本は胴付き仕掛けの
3本の投げ竿を順次投入、そしておまけで3号磯竿に
胴付き仕掛けをセットして足元に落としました。


3本の竿はそれぞれマコを1枚づつ、そして足元の
竿はナメタを1枚、系4枚のカレイで本日のお土産は
バッチぐ~~~!のはずでした。

8時近く、2軒お隣さんがバタバタっと良型を3枚立て続けに
上げました。


釣太も一緒に来てお隣に入った釣り師に反応は全くありません。

10時半、下げいっぱい、これからが勝負とせっせと竿の世話を
しましたがずっと沈黙のまま、上がってくるのは☆☆☆。

たぶん釣りをはじめてからこれほどたくさんの☆を上げたのは
今日がはじめて、いろんな形があることが分かりました。

それとへんてこな巻貝が2つ、見た目はツブ貝?みたいな
です、これ食べられるのかしら???
写真とっておけば良かったかな?

結局、少しづつ場所を替え、投げる距離を替えしながら
粘るも効果なし、さらに☆を追加です。

そして2時半過ぎ、お隣さんが足元に
垂らしていた短い竿が撓りました。

慌てて駆け寄るとなにやら付いてる様子、釣太のタモ入れで
上がってきたのは50カレイでした。

なんとビックリ!ヘチに落としたアイナメ狙いの中通し錘の
仕掛けに50マコ様、いや~たまげました。

潮が差して来たのか?そろそろチャンス到来か?
エサ替えして投げ直すも変化ナシ。

そして諦めかけた3時ごろ投げずに足元に落とした胴付き
の竿がガクガク揺れました。

オニ合わせを入れ抜き上げると30ジャストのアイナメ君でした。
これで○ボはなくなりました。
おまけに家族からアイナメのオーダーが入っていたので
絶好のお土産になりました。


P1000089a.jpg



結局、後にも先にも上がったのはこれ1本のみ。
4時ちょうどエサ切れ納竿としました。



最近思うのですがカレイ狙いのときは無理に遠投せず
1色~1色半くらいを狙ったほうが釣果につながるような
気がします。
どうでしょう?単なる偶然かな?

そうなるとでっかい投げ用のリールは必要ないかも?
4000番クラスで十分足りるかな?
この時期、釣太は投げ用リールでバッグが重くて仕方ないのです。
今日のようなところはできるだけ身軽にしないと大変なので
今後一考の価値在りかも・・・


次回はホームに戻って50でも狙おうか?それともアウェイで
リベンジか?



本日の釣果
アイナメ  30Cm
へんてこ巻貝 2個
☆ 銀河系くらい



では、祈大漁!          釣太でした。

2月29日の釣果報告

2008年 03月01日 20:06 (土)

2月29日(金)
茨城県某堤防
晴 南風3~4m
小潮
満潮: 7:29  7:57(3/1)
干潮:15:25 17:08(3/1)


年度末有給消化大作戦パート2、というわけで今回も29日(金)に
出撃しました。

前回同様の大漁を目指し4時15分、自宅を後にしました。
6時を少し過ぎたころいつものエサ屋さん到着。
今日は先釣者2名がすでにいるらしいと情報をいただき
1番乗りをあきらめます。

お気に入りのポイントに入っていないことを祈りつつ釣り場に向かうと
祈りも空しく2名の先釣者はベストポジションで竿を出していました。

仕方なくその左側で準備を始めると早速先釣者の竿がしなっています。
上がったのは37~8のマコでした。

今日は小潮、7時57分満潮なのですでに下げに入っています。
やっぱり始めと終わりの2分くらいが時合いなのでしょうか?

釣太もあわてて3本の竿を順次投入しました。

ひと段落した9時15分、順次左からサビいていくと真ん中の竿に
若干の糸ふけがありました。

一瞬前回のことが頭をよぎったので今回は軽く聞き合わせ程度で
リールを巻くと乗ってる感じ!途中2度ほど絞りこまれカレイを確信
ゆら~っと水面に見えてきたのはまさしくマコ様でした。
すかさずタモで無事キャッチ。

2/29,


41Cmのメスでした。
いまの時期、なかなか身厚な魚体にはお目にかかれませんね。

気を良くしてせっせと竿の世話を繰り返しましたが後が続きません。
上がってくるのはトゲトゲの大ヒトデばかり。
まるでイチローのグローブくらいはあります。

それから暫くして隣の釣人が今度は釣太の左側に釣り座を移動。
ここもカレイの実績があるポジションです。
するとまもなくしてその釣人が竿をしならせました。
タモ入れを手伝い無事キャッチ、またも37~8のマコでした。

「おぉ~こっちにもカレイはいるぞ」
一瞬場所移動も考えました。
しかし、自分が信じたこの場所でもう1枚上げてやる!
意思の固い釣太はその場でがんばることにしました。
(ほんとはめんどくさいだけ・・・)

そして2個目のグローブを上げたころ、またまたも左で上がりました。
今日の主役はきっと彼なのでしょう、そうそう自分の思い通りに
ことが運ばないのが世の常か?
3枚目のカレイを上げた彼とその連れの方はもう十分と早上がり
していきました。


5時ちょっと前、最後のエサ替えのためリールを巻くと一番右の
竿に手ごたえが、「これはかなりでかい!50越えか?」
ニコニコしながらさらに巻き上げると上がってきたのは
松井のグローブでした(トホホ・・・)

これ以上粘っても釣果は望めそうに無いので6時少し前
納竿としました。


やっぱこの前お賽銭ケチったのがいけなかったのかなぁ・・・・


今日の釣果
マコガレイ 41Cm
オニ?ヒトデ 30~35Cm ☆☆☆


これから徐々に気温も上がり日もだいぶ伸びて夜釣りOKに
なってきます。
皆さん、無理せず安全に釣りを楽しんでくださいね。


では、祈大漁!           釣太でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。