05月 « 2008年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一休み

2008年 06月30日 20:39 (月)

今回はPRIDE ヒラメ丼祭りはお休みしました。

釣太の周りでルアーフィッシングをやるのは
リンクを貼らせていただいた方々だけなので
ヒラメ狙いはほぼ単独釣行、仲間との釣行でも
こそっとルアーを投げる程度です。

で、今回は釣友と久々の出撃、釣友Jr君も一緒です。
狙いは夕マズメからのアジ、メバル。

昼近くに起き出し午後2時ちょっと前、自宅を出発。
今回は同乗させてもらうのでとってもお気楽です♪♪

場所は以前行った堤防、久しぶりのエサ屋さんで
コマセと仕掛けを購入、ついでに情報収集も抜かりなく
最後に保冷剤までいただいて気分良く目的地へ。

現着は3時半、あちこちに釣人が竿を出しています。
さすが土曜の夕マズメ、皆さん狙いはアジ君ですかね?

前回のポイントは先釣者がいたのでその手前50mに
荷物を降ろし仕度を始めます。

磯竿3-5.3にカゴサビキ仕掛け、4-5.3にイカ狙いの
エサスッテ、エサは前回釣って冷凍しておいた小アジです。

1投目15m先に仕掛けを入れるとウキはその場をキープ。
全く潮が動いていません。

なんとなく嫌な予感、何度かコマセを入れていろいろ投げて
見ますがほとんど流れない様子。

時折沖に少し流れるとポツリポツリとアジがかかりました。

退屈しのぎに足元をアイスジグで探ると海草の下から
小メバルが沸いてきます。
流石F8、うたい文句もまんざらではありません。
しかし、合わせのタイミングがへたっぴぃなため上手く
釣れません。
これは次回の課題ができました。

8時を回りJr君ののべ竿に当たりが連発します。
上がってくるのはかわいいメバルです。
Jr君は大喜び、これだけでも今日来た甲斐がありました。

その後、先端が空いたので移動しましたが釣れるのは
小メバルばかり、12時、これ以上粘っても無理、と、納竿と
しました。

今回は最初から釣り物を決めての釣行でした。
まぁ狙いが季節的に鉄板のアジだったので
ボは無いだろうと思っていましたが、潮が動かない
ことにはお手上げですね。

本日の竿頭は釣友Jr君でした。
Jr君、また行こうね。

6/29の釣果

釣太の釣果です、マルイカの新子が釣れました。

次回はヒラメに再挑戦かな?

参戦中


では、祈大漁!                釣太でした。


スポンサーサイト

修行その2

2008年 06月15日 13:33 (日)

参戦中




6月14日(土)
茨城県北部

若潮
満潮:       14:27
干潮: 07:20 18:35



午前1時半、遅い仕事を終え帰宅、速攻仕度をすませ出発。

午前3時半、目的のサーフへ到着。
今日は先週の反省を踏まえ竿1本での出撃です。
(釣太だって学習できるんです、エッヘン!)

そそくさと仕度を済ませキャスト開始。

ここも足元にブレークがあるいわゆる急深サーフ、水色はちょっと
緑がかっていますがそれほど濁ってはいません。


ミノーからワームまで色々投げますが反応なし。
少しづつ移動しながら投げ続けますが応答なし。


スタート地点へ戻る手前、ゴミ袋を引くような手応えが!

ン?来たか?夢中でリールを巻くと本当にゴミ袋が上がってきました。

そして次、またも手応えが!今度は別の何か!
カニ

こんなのでした。


このサーフに見切りをつけ隣の堤防へ。
エサ釣り師が数人竿を出しています。
夏場は入るところが無いくらい賑わうところですが
どこも釣果が思わしくないせいか土曜だというのに
空いています。

付け根から先端まで外、内と攻め歩きますが
ここも反応なし。

途中誰かがつけていたラジオから東北で大きな地震が
あったと聞こえてきました。
当然茨城も揺れたはず、今日はボ確実だと確信しました。

ここもさっさと見切りをつけさらに北上、ついに福島県突入。
最初のサーフを見に行きました。

ここでは竿を出さず次回にとっておくことにして
また茨城の漁港に向かいました。

ここは少し前に投げでアイナメをあげた場所、イケスがあり
ヒラメも入っているのではないかと期待してキャスト開始。
しかし、ここは港内いたるところ根だらけ、3回に1回は
根がかりです。
あっという間にワームが殉職していきました。
ケースの中のワームが半分くらいになったとき
移動を決意。(おそっ)

次は前回玉砕したサーフでリベンジです。
時刻は4時を回っています。
夕マズメに膨らむ期待、黙々とキャスト。
ひたすらキャスト、そしてキャスト。

5時を回ったころバチ~ン!とラインブレーク。
ついに心が折れました。
またしてもこの海にやられました。
やっぱりヒラメはそう簡単には釣られてくれません。

海の中でルアーがどんな動きをしているのか
さっぱりイメージできません。

ただ巻きと、「ただ巻くだけ」は違うんですね。

リフト&フォール?ロッドをどう動かせばいいの?
ストップ&ゴー?どのくらい巻くの?どのくらい止めとくの?

やっぱ、本やDVDだけでは頭でっかちになるだけ?です。

色々試してみますがそれ自体あっているのかどうか?

修行に継ぐ修行が必要ですね

ワームとジグヘッドを補充してまた修行したいと思います。
そのうち悟りが開けるでしょう!

では、合掌!


じゃなくて 祈大漁!
 








PRIDEの道は険し

2008年 06月11日 03:03 (水)

6月8日(日)
茨城県内
曇りのち晴 ~1m
中潮
満潮: 05:46 20:36
干潮: 00:34 13:17


PRIDE ヒラメ丼祭りに参戦表明して最初の日曜日
Jrは部活の試合、女房はその付き添いで朝から
出かけると言う。

これは行くっきゃないでしょ!と、午前1時自宅を出発。
月曜日に出撃してきたばかりなのに、ほんとアホです。

海が俺を呼んでいる!ヒラメがかかってこいや~~と
叫んでる、そんな気がして。

場所は前から気になっていたサーフへ直行です。
(一度言ってみたかったこのセリフ)

まだ夜が明けぬ3時過ぎ、ポイント到着。
30分ほど仮眠を取り3時半準備開始です。

何事もカッコから入るタイプの釣太は
ウェーダーにライジャケ、グローブにサングラスと
どこから見てもベテランルアーマンです。

前回、ワームをリーダーごと海へ返したままだったので
ラインシステムから組みなおしです。

不器用な手つきでラインをクルクルやっていると
車が1台、隣に止まりました。
やはりヒラメ狙いのアングラーさんのようです。
今年はまだ水温が低いのでここも渋いといっていました。

水平線の雲間から太陽が頭を出し始めたころ
キャスト開始、いよいよ戦闘開始です。

ここは足元にブレイクがあり、なんとなく出そうな
雰囲気、と、言っても本やDVDで得た知識ですが・・・

水もにごりはほとんど無くいい感じ。
ただ、手前の波はかなり大きめです。

足首まで水に入りキャストを繰り返します。
ルアーチェンジを繰り返し数投目、昨日買った
SLIGHT EDGE90のシェイクダウンです。
色はマットホワイトオレンジベリー、これも本に
乗ってました。

3投目、それまでの倍の距離を飛んで海に帰って
行きました( ̄▽ ̄;)!!ガーン

その後、南から北へラン&ガンで攻めますがノーバイト
気が付くと10人ほどいたアングラーは釣太ともう一人に
なっていました。

8時ちょっと前、この場所に見切りをつけ移動開始。

南下しながら良さげなポイントを探します。
しかし、どこも濁りがきつく厳しそうです。

とうとう久慈側河口まで来てしまいました。
イシモチポイントは込んでいそうなので対岸に
車を止め攻めてみます。

時刻は9時を回っています。
とっくに朝マズメは終わっています、おまけに
すごいゴミでルアーはダンゴ状になって帰ってきます。

ここも1時間で見切りをつけさらに南下。
しかし、日中は無理そうなので夕マズメに期待して
仮眠を取る事にしました。


目を覚ますと2時を過ぎていました。
まだ時間があるので某堤防を偵察に行くことに
しました。
某堤防



一応、暇つぶしにとコマセを買っていきます。
しかし、これがいけなかった。

サビキ仕掛けを出すとポツリポツリとアジがかかります。
結局、サビキの片手間でルアーを投げる、ルアーマンには
あるまじき行動に出てしまいました。

そして、6時を回ると2回に1回はアジが上がる状態に。
エサが無くなる7時半まで続き、アジ24匹、ウミタナゴ1匹を
上げました。

当然ヒラメは玉砕です。
二兎を追うものは・・・です(今日は一兎は得られましたが)
6月8日の釣果


当初の計画から大きくずれたことを反省して次回は竿1本で勝負
することを硬く誓う釣太でした。


では、祈大漁!


本日の釣果
午前の部:ヒラメ 玉砕
午後の部:アジ 10~18Cm 24匹
      ウミタナゴ 20Cm   1匹


決意表明!PRIDE 参戦!!

2008年 06月06日 19:01 (金)

hiramedonEgif3.gif




全国のヒラメ丼ファンの皆さん!もうご存知かと思いますが
あのカリスマヒラメハンターGATTYOさん主催のヒラメ丼祭りに私釣太も参戦いたします。

すでにたくさんのアングラーが参戦を表明!
これに乗り遅れるわけにはいきますまい!

なんとかシーズン中に1枚  と  決意は鉄のように カッチカチやぞ!
言ったからには後には引けない、有言実行!乞うご期待。

では参戦されるアングラーの皆さん、そうでない方々も 祈大漁!

6月2日の釣果報告

2008年 06月03日 23:52 (火)

6月2日(月)
茨城某提
曇り ~1m
中潮
満潮: 01:22 16:04
干潮: 08:47 20:47

昨日は息子の体育祭でした。
最近の学校は土日に行事があると代休があります。
なんと生意気な!

と言うわけで代休の2日に息子、釣太Jrと出撃してきました。
前回大洗沖提へ行ったときJrから「なぜ連れていかん!」と
電話があり「次回は」と約束をしていたのでした。

エサ屋さんで情報を仕入れると海況は芳しくないとのこと
アジが上がり始めているがイシモチは日によってムラがあるそう。
一応イソメをたっぷり仕入れ近くの公園で海の具合を確認。
堤防は波を被り足元はコーヒー牛乳のような水色です。
こりゃ厳しそう。

いつもの場所には車が1台、ポイントは空いていそうです。
平日だからこんなもんかな?とちょっと離れたところに車を止め
目的地へ。

先釣者は3名、先端で竿を出しています。
我々のすぐ後を3名が歩いてきます。
お気に入りのポイントに釣り座を構え午前5時ちょっと釣り開始です。

Jrは新調した投げ竿にイシモチ用胴付き仕掛け
釣太はカレイ狙いで誘導天秤に自作段差針仕掛けと
3号5.3M磯竿にサビキ仕掛けでアジを狙います。

竿をセットし終わると辺りは深いモヤに囲まれました。
視界20Mくらいでしょうか?対岸はおろかすぐ側を通る
船さえも見えないくらいの濃い霧です。
まるでホワイトアウト状態です。


サビキ投入から30分やっと浮きが消し込みました。
しばし放置後リールを巻くと小型のアジがパーフェクトで
上がってきました。

時合い到来!凍ったコマセを無理やり掻いてカゴに詰め込み
再投入、しかし、群れが小さかったのか後が続きません。

竿を煽り、コマセを詰め替え何投目かにまた浮きが沈む。
これの繰り返しでなんとか9匹ゲット、最後は竿が大きく撓り
もしやセイゴ?かと思いきや20Cm程のまあまあサイズの
アジでした。

朝マズメも終了し沈黙タイムの始まりです。
Jrはすでに飽きてしまいゲームに夢中です。
「コラ!お前は何しに来たんじゃ!」聞く耳なんて
持ってませ~ん。


隣に入った釣人は小さいながらカレイを上げた様子。
まだチャンスありとエサを替え、仕掛けを替え、投げ返すも
全く反応がありません。


ならばとワームを投げては見たものの時間帯を逃したせいか?
いやいや腕が悪いせいでこちらも反応なし。

時折フッコの群れ?が足元を横切ります。
慌ててワームを通すとチラ見するだけで素通り。

見切られるのはルアーから生命反応がなくなった時だと
榎本さんがDVDの中で言ってました。(by:SALT&STREAM)
修行が足りませんね・・・

その後端からラン&ガンするも根がかり多発、底をとった
つもりでも実は底を引いていただけ・・・
静ヘッド&パワーシャッド+リーダーを海に返すこと2回。
ここで心が折れ終了(はやっ!)

結局、3時まで粘りましたが明日のことを考え納竿としました。

夕マズメまで粘ればアジの追釣あったかも?と後ろ髪を引かれつつ
家路に着きました。

Jrはついにボスキャラを倒したと喜んでおりました┐(-。ー;)┌

アジも小さいながらすこしづつ入ってきているようですがまだムラが
あるようです。
そしてカレイも運が良ければという感じでしょうか?
でも、このポイントには居つきがいると地元の方から聞いたことがあります。
次回はイシモチ狙いの片手間に狙ってみようかと思います。



本日の釣果
 アジ 13~20Cm 9匹

Jrのリクエストでなめろうでいただきました。
貧相な食卓なので写真はありません。


では、祈大漁!           釣太&Jrでした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。