08月 « 2008年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルヒラメ丼

2008年 09月29日 01:46 (月)

P1000076b.jpg
念願のヒラメ丼です


今日はGATTYOさんふーすけさんという2大ヒラメスペシャリストと
ご一緒させていただきました。
ふーすけさんとは面識があったもののGATTYOさんとは
「はじめまして」です。
ちょっぴり緊張してましたがお会いしてみるととても親しみやすい
方だったので一安心しました。




続きを読む

スポンサーサイト

連敗街道まっしぐら!!!

2008年 09月24日 20:42 (水)

9月も半ばを過ぎると朝晩がめっきり冷えてきます。
だんだん早起きがおっくうになってきますね。

今日はお彼岸の中日、世間様はみなお墓参りでしょう。
前日に実家で線香をあげ、じぃ様とばぁ様に挨拶をしておいたので
釣太は胸を張って釣りに出かけました。(バチアタリ)

午前1時、自宅を出発、目指すはすっかりリニューアルのかのポイント。
週末の台風の影響が吉と出るか凶と出るか?

ポイントに着いたのは3時半、当たりは真っ暗、星が綺麗です。
ヘッドライト越しに見える海岸ははるか先まで白く泡立って見えます。
当たりに人影も無く並みの音だけが不気味に響いています。

今が下げいっぱいのはず、あと30分したら潮が動き始めるから
それまでしばしの休息・・・と思ったら4時半過ぎてました。


P1000051.jpg
うっすら明るくなりました


仕度をしてサーフに立つと以前とはまるで様子が変わっていました。
まさにリニューアル、遠くで波がつぶれています。
おまけにかなり濁りが効いてます。

いつものように重いルアーからキャストしますが
なかなか波を越せません。
周りには10人くらいのアングラーがいます、でも皆さん
苦戦している様子。
少しずつ刻みながら探っていきますが全く反応なし、気がつくと2,3人になっていました。



8時を回ったころここを諦めさらに北へ、こちらは打って変わって濁りは
ほとんど無し,おまけに波まで控えめです。

端から探りましたがここも反応なし、諦めて南下することにしました。


途中、地元には無い有名釣具チェーン店を覗くとメールが来ました。
「今〇〇マンにいます?」


Flounder Hunterでおなじみのふーすけさんからです。

急いで返信するとなんと店内にいらっしゃるとのこと。
ここでビックリの初コンタクトとなりました。
ふーすけさんは今日はお仕事だそうです(あっ、ないしょだった?)
少しだけお話させていただいてお店を後にしました。

ふーすけさん、今度ゆっくりお話しましょう、もちろん現場で。


P1000055.jpg
そこでの買い物です。


噂のコットンキャンディーを手に入れ一路南のサーフへ。
着いたところは最近雑誌にも出てた某サーフ。(分かっちゃいますね)

しかし、ここも濁りが取れてません。
ヘットランド周りは諦め、家族づれやサーファーで賑わうビーチの隣へ。
ここはそれほど濁ってないのでなんとか振れそうです。

時間も早かったのでテトラに乗ってワームを投げてみました。
イシモチも好ポイントなのでお土産狙いです。
それにしても波が荒い、時折目の前まで波飛沫が上がります。

「ひえ~」

一瞬、「高波にのまれ釣人行方不明」
明日の朝刊の見出しが頭に浮かびました。
これで最後と思ってキャストして足元までまいてくると
テトラの中から黒い影がワームめがけてアタックしてきました。
5,60Cmくらいのシーバスです!
次の瞬間、ワームを弾いてまた海中に消えていきました。

こうなると怖さもどこへやら、ひたすらキャストを繰り返します。
しかし、2度と姿を現すことはありませんでした。


サーフに降りて本命を狙うことにしました。

早速、魚道110MDを投げてみました。
ウエイトがあるだけに良く飛びます。
いい買い物したかな?これで釣れれば言うことないんだけど。


移動中、波打ち際でルアーを拾いました。
リーダーが1mくらい付いてます、きっといつもの釣太と同じで
フルキャスト1発で殉職だったのでしょう。


P1000060.jpg
本日の戦利品です

結局5時半まで投げ続けましたがこれ以上続けると
自分も彼岸に行ってしまいそうなので撤収としました。


結果は完全でしたが、ふーすけさんにお会いできたこと、戦利品を
獲たことで今日は良しとしましょう。


今日もヒラメの目の前にルアーを通すことができなかったと
反省しました。
以前は今日はヒラメが入ってなかったから仕方が無いと
思っていました。

でも、前々回の釣行の時、地元のお父さんの釣りを見て
考え方が変わりました。

釣れないのは魚のせいじゃなく、やっぱり腕なんだと。
実績のあるポイントに行っているわけですからヒラメは
どこかに必ずいる。

それを引きずり出せないのは自分の未熟さ
以外の何者でもない。

そう考えるようになりました。

キャストの仕方、ルアーの選び方、リトリーブは底から
何センチのところを通ってるか(これが一番大事?)

何でもイメージが大切です、ヒラメの気持ちになって?

だから一回一回できるだけテーマ決める、そんなことを思った
釣行でした。




参戦中
連敗中ですが、なにか?



いろいろありました。

2008年 09月07日 19:48 (日)

ブログの更新も1ヶ月ぶりです。
その間にもカウンターは少しずつ増えています。
こんな何の変哲も無いブログにわざわざ足を運んでくださる方が
いることに改めて感謝しています。


実は、会社である発表会があり、その大役に抜擢されてしまい
この1ヶ月と言うもの毎日のように資料つくりをしていました。

ほんとにたいした発表会ではないのですが、日ごろ
そういったことから逃げてきた釣太にとって人生最大のイベント
です。

その間、1度も釣りに行ってなかったかと言うと全くそんなことは
ありません。
釣りの魅力にどっぷり首までつかってしまっているので
そんなことできるはずありませんよ!

と、言ってもサンデーアングラーなので月に2度の釣行が限界です。
PRIDE ヒラメ丼祭りにエントリーしているくせにしっかりエサ師に
なってました。


で、良く行く堤防は青物が熱いと情報が入っていたのでカンパチ、
イナダ狙いで夜釣りへ挑戦、結果はショゴ1、イシモチ3、
そしてAB1でした。
このABちゃん、実は頂き物です。
たまたま同行の釣友の友人がABつりに来ていてゲットしたものを
頂きました。


P1000035.jpg
プリプリで美味でした。



この堤防でABが釣れることを知った釣太は翌週、当然AB狙いです。
釣友3人はそれぞれ2匹、3匹とABゲットしましたが釣太は
小ぶりなのをやっと1匹ゲットしました。
このときは自分だけを覚悟していたので
サイズよりゲットできたことに大喜びでした。


その時たまたま水戸からのAB釣り師さんとお話をする機会があり
宇都宮から来たことを話すとせっかく来たんだからと大振りのABを
プレゼントしてくれました。


P1000038.jpg


いや~世の中には奇特な方もいたもんです。
自分の釣った3倍はある大きさです。
水戸からのAB釣り師さん、改めて感謝しています。
本当にありがとうございました。

夜が明けて、青物が釣れだしたので釣太もメタジをキャストして
ショゴ1バラシ、1ゲットしました。
そして9時をまわったころ、地元のお父さんがやってきて
話をしながらサビキを始めました。

このお父さん、コマセを持ってきてるのに使う様子がありません。
サビキをドボ~ンと投げ入れると後は小刻みにしゃくるだけ。
こんなんで釣れるんかいな?
そう思っているとすぐに竿がしなりました。
するとここで初めてコマセを打ちます。

さらにシャクリ続けるとさらに竿が撓り、カンパチがダブルで
上がりました。

あっけに取られて見ているとまた当たりが、今度はイナダのダブル。

もう、目がテンです。

こんな釣り方もあるんだと驚かされました。
そのお父さんと話をするとまたどこから来たのか聞かれ、宇都宮だと
言うと「遠くから大変だ」といってイナダとカンパチを2本づつ頂きました。

結局この日の我が家の夕飯は頂き物のABとイナダ、カンパチの
お刺身でした。


海なし県に住んでいて初めて良いと感じた日でした。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。