09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その先が出ない。

2009年 10月18日 19:56 (日)

相変わらず状況は渋いようで、何処からも良い話は聞こえてきません。


このままヒラメシーズンは終わってしまうのでしようか?


さて、今回は・・・
いつものように夜が明け切らぬ午前4時、そそくさと仕度を済ませ目指すは久しぶりのサーフ。



先週、朝マズメに実績があったハンコック グローカラーをキャストします。



期待しながらロッドを振ること数投。



「パチィ~ン」と言うなんともいや~な音とともにハンコックの放流完了Orz



夕べ、ルアーBOXの中身を整理して新規参入のルアーたちに入れ替え済み。



グロー系のルアーはハンコックのみ、仕方なくグリーン系のドリフトゥイッチャーで攻めることにしました。



このドリフチィッチャーはサイズ、泳ぎ、飛行姿勢、キープレンジ、どれをとっても良い仕事してくれます。


が、しかし、投げれども投げれども反応はありません。



ここでヘビサ ピンクイワシにルアーチェンジ。



キャストすること数投、ぐぐっっと確かな手応え。



間髪入れずに合わせを入れてフッキング!



上がって来たのは最近の定番(><)




CIMG1808_convert_20091019214644.jpg
今日もソゲ



30Cmくらいのソゲでした。



写真を撮って即リリース。



「大きくなって帰っておいで~」



サイズUPを期待して続けてキャスト、次の瞬間、今度は「バキッ!」と嫌な音が・・・



キャストしていたのが護岸の階段状のところだったためにバックスイングでコンクリートにヘビサをHIT!



見るとヘビサが無残な姿に。



背中にひびが入り内部に浸水、塗装はバキバキ。



ヘビサ、殉職。



CIMG1818_convert_20091019214753.jpg
Orz



釣太のキャスティングはたらしを長めに取ったいわば振り子投法。



どうしてもバックスイングで後方の障害物に接触しやすいのです。



GATTYOさんやふーすけさんはたらしを短くしてスナップを聞かせてキャストしています。



釣太もまねしてみたんですが旨くスナップを効かすことが出来ず飛距離が延びません。



で、仕方なく遠心力で飛距離を稼ぐ今の投げ方になったのでした。



状況に応じていろいろなキャスティングが出来るように今後の課題が出来ました。



で、釣果はこれ1枚のみ、ポイントを移動してあちこち探りましたが全て異常なし。



今日もソゲ1でその上のサイズをだすことが出来ませんでした。




実は、最初に入ったポイントでこんなことがありました。



釣太の隣10mくらい離れたところで振っていたアングラーはサーファーが波待ちをしている



すぐ手前を攻めていました。



フルキャストするとサーファーに当たってもおかしくない場所です。



そこにはゆるい離岸が出来ていてその中を探っている様子です。



しばらくするとその中の一人がソゲサイズを上げていました。



遠目に似ても明らかにソゲと分かるサイズです。



当然リリースするものと思ってみているとあっさりキープ。



移動の際にその横を通るとヒラメサイズ1枚と一緒に30Cm弱のソゲも



砂浜に並べてありました。



まぁ、釣った魚をどうするかは本人次第なので釣太がどうこう言うことは出来ません。



そして、別のポイントを回って最後にそのポイントに戻ってみるとそこには15Cm前後の



イシモチが20匹以上放置してありました。



誰が放置して行ったのかは分かりませんが今朝、ヒラメが連れていたのはこのイシモチを狙った



個体が入っていたからでしょう。



サイズが小さいから持って帰らなかったのか、それともヒラメ狙いの外道だからか分かりませんが



必要ないからといって砂浜に放り投げて帰るのはどうかと思います。



必要なければリリースしてあげればいいのに。



もし、どうしてもリリースできないのであればその場に放置せず砂に埋めて帰るとかの配慮が



なぜ出来なかったのでしょうか?



必要な分だけ持ち帰って後はリリースするとかの配慮があっても良いのではないでしょうか?



心無いアングラーばかりではないと思いますが少なくても自分は自然を出来る限り大切にして


少しでも長く釣りを楽しみたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。