07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中毒?

2009年 11月22日 19:11 (日)

先週の木曜日、身も心も凍りつくような結果でした。


ルアーのロスト2個、ラインの高切れ1回、リールのトラブル1回ともう散々。


寒いし、眠いし、「もうしばらく釣りはいいや」って心の片隅で思ってました。


毎回、が続くとこんなこと考えます。


でも、二日もすると「あぁ~釣りいきてぇ~!」


これはもう中毒ですね。


妻には毎回釣れもしないのになぜ釣りにいく?と聞かれます。


「行かなきゃ釣れないからサ」と毎回答えます。


思うにこれって麻薬とおんなじ、魚が釣れたときの興奮を味わうともっと強い刺激を求め


それが達成されるとさらに強い刺激を求めるようになる。


そのとき満足してもすぐまたやりたくなってくる。


そして、やれない日が続くと禁断症状が出てきてムズムズしてくる。


やっぱりジャンキー?


で、この週末は私用で釣りに行けません。


もうすでに禁断症状出はじめてます。


せめて道具に触れて少しでも気を紛らわそうとリールのメンテをしました。


先日の釣行でガリガリ言ってたバイオマスターを分解。


想像してたよりはグリスとか綺麗でした。


砂やゴミも見当たらないのでとりあえず潤滑スプレーをドバドバかけて


グリスを洗い流して新しいグリスをヌリヌリ。


元に戻してハンドルクルクルしてみるとかなりいい感じです。


ただ、クラッチ組の部分は怖かったので分解してません。


洗浄して良いものかどうかも分からなかったのでそっとしときました。


どなたかこの辺、詳しい方います?


で、もう一つのリール、アルテアドバンスも同様に分解洗浄。


こっちは使用期間に見合ってグリスも汚れています。


綺麗に洗浄してグリスアップ。


こっちはマスターギヤを支える部分が片側樹脂のカラーでした。


コストダウンでしょうか?でも、回転部分だけでもベアリングにしてほしいなぁ。


それとメインシャフト部のベアリング(これをARBと言うらしい)もシールドタイプではありませんでした。


ここはシールドしなきゃダメでしょ!シマノさん。


しかたないのでグリスを詰めて簡易シールドして組み立てました。


今度シールドタイプベアリングに変更しよっと。


毎回リールをバラす度に思うのですが、なぜピニオンギヤって真鍮で出来てるんでしょう?


マスターギヤも安っぽい材質だし、回転部分の強度、精度ってリールの命でしょう?


その部分に削れ易い真鍮や鋳造のギヤじゃちょっと心細い気がするのは釣太だけでしょうか?


鍛造とまでは行かないまでも削りだしで精度出すとか、チタンコーティングで強度上げるとか・・


そこまで言うならステラ買えって話しですけどね・・・


まぁこれで気を紛らわして来週に備えることにしましょう。


次回はロックトーナメントに向けてベイトタックルの練習かな?












スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。