07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ早い?

2010年 09月12日 23:16 (日)

CIMG2191_convert_20100912221525.jpg
近畿にもサーフはあるんです
今週も懲りずに行っちゃいました。


といっても貧乏暇なしの釣太は当然土曜出勤です。


仕事を終え滋賀を出たのは10時を少し回った頃。


潮周りは中潮、目的地に着いたときはちょうど下げ止まりの頃、前回のアオリポイントに


人影は無し、今日も貸切です。


堤防を歩くと新目の墨跡がちらほら。


「こりゃ今回も期待できるぞ!」


が、今回はちょっと違ってました、全く潮が動きません。


下げ止まりだからかな?これから上げに入ればアオリも寄ってくるかな?


一抹の不安を覚えながらシャクリ続けること2時間、その間、ホンダワラの塊が数回ヒットしたのみ。


早くも心が折れて先頭不能になりました。


今回は新たなポイントを開拓するため更に南下します。


目的のポイントはかなりの長さのサーフ・・・と思って海岸に立ってみるとそこは延々と続くピーグラベル。


1~2Cmの玉砂利がサーフを作っていました。


真っ暗闇のサーフでは攻めどころが分からないので海岸通の釣具屋で聞き込み調査。


「この辺は何が釣れます?」


「今はシオが出てますね」


「ヒラメは釣れないんですか?」


「寒くならなるとたまに出ますよ」


やっぱりこちらのヒラメは真冬の釣り物らしいってことがようやく分かってきました。


で、シオが釣れるって…シオって何だ?


後で調べたらカンパチの子供、関東で言うショゴのことらしいと分かりました。


明るくなるのを待って朝マズメに青物、と、予定変更。


CIMG2195_convert_20100912221639.jpgCIMG2197_convert_20100912221718.jpg
こんな感じのなが~い砂利サーフ?


ナブラを期待してメタジを投げ込みますが反応無し。


ナブラも、鳥山も一度も出ることなく朝マズメ終了。


今日もハンパない暑さで意識が薄れてきたので移動を決意。


昨夜のアオリポイントへ戻ってシャクッって見ると2Cmほどの豆アオリを発見。


3.5寸のエギをそばに落とすといっちょ前に墨吐いて逃げていきました。


その後、100g前後のコロッケアオリの群れを見つけましたが抱かせることができず撤収決定です。


まぁ、釣れても待って帰れないし・・・と負け惜しみを吐いて岐路に着きました。


サーフにいたエサ師のオジサンに聞いたら青物もまだ早いって。


結局、アオリも青物ももう少ししないと期待薄ってことが分かりました。


今回はアオリを釣り上げて「イカ職人」襲名を狙っていたのですが終わってみれば「職人以下」


なってしまいました(涙)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。