09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月2日の釣果報告

2008年 06月03日 23:52 (火)

6月2日(月)
茨城某提
曇り ~1m
中潮
満潮: 01:22 16:04
干潮: 08:47 20:47

昨日は息子の体育祭でした。
最近の学校は土日に行事があると代休があります。
なんと生意気な!

と言うわけで代休の2日に息子、釣太Jrと出撃してきました。
前回大洗沖提へ行ったときJrから「なぜ連れていかん!」と
電話があり「次回は」と約束をしていたのでした。

エサ屋さんで情報を仕入れると海況は芳しくないとのこと
アジが上がり始めているがイシモチは日によってムラがあるそう。
一応イソメをたっぷり仕入れ近くの公園で海の具合を確認。
堤防は波を被り足元はコーヒー牛乳のような水色です。
こりゃ厳しそう。

いつもの場所には車が1台、ポイントは空いていそうです。
平日だからこんなもんかな?とちょっと離れたところに車を止め
目的地へ。

先釣者は3名、先端で竿を出しています。
我々のすぐ後を3名が歩いてきます。
お気に入りのポイントに釣り座を構え午前5時ちょっと釣り開始です。

Jrは新調した投げ竿にイシモチ用胴付き仕掛け
釣太はカレイ狙いで誘導天秤に自作段差針仕掛けと
3号5.3M磯竿にサビキ仕掛けでアジを狙います。

竿をセットし終わると辺りは深いモヤに囲まれました。
視界20Mくらいでしょうか?対岸はおろかすぐ側を通る
船さえも見えないくらいの濃い霧です。
まるでホワイトアウト状態です。


サビキ投入から30分やっと浮きが消し込みました。
しばし放置後リールを巻くと小型のアジがパーフェクトで
上がってきました。

時合い到来!凍ったコマセを無理やり掻いてカゴに詰め込み
再投入、しかし、群れが小さかったのか後が続きません。

竿を煽り、コマセを詰め替え何投目かにまた浮きが沈む。
これの繰り返しでなんとか9匹ゲット、最後は竿が大きく撓り
もしやセイゴ?かと思いきや20Cm程のまあまあサイズの
アジでした。

朝マズメも終了し沈黙タイムの始まりです。
Jrはすでに飽きてしまいゲームに夢中です。
「コラ!お前は何しに来たんじゃ!」聞く耳なんて
持ってませ~ん。


隣に入った釣人は小さいながらカレイを上げた様子。
まだチャンスありとエサを替え、仕掛けを替え、投げ返すも
全く反応がありません。


ならばとワームを投げては見たものの時間帯を逃したせいか?
いやいや腕が悪いせいでこちらも反応なし。

時折フッコの群れ?が足元を横切ります。
慌ててワームを通すとチラ見するだけで素通り。

見切られるのはルアーから生命反応がなくなった時だと
榎本さんがDVDの中で言ってました。(by:SALT&STREAM)
修行が足りませんね・・・

その後端からラン&ガンするも根がかり多発、底をとった
つもりでも実は底を引いていただけ・・・
静ヘッド&パワーシャッド+リーダーを海に返すこと2回。
ここで心が折れ終了(はやっ!)

結局、3時まで粘りましたが明日のことを考え納竿としました。

夕マズメまで粘ればアジの追釣あったかも?と後ろ髪を引かれつつ
家路に着きました。

Jrはついにボスキャラを倒したと喜んでおりました┐(-。ー;)┌

アジも小さいながらすこしづつ入ってきているようですがまだムラが
あるようです。
そしてカレイも運が良ければという感じでしょうか?
でも、このポイントには居つきがいると地元の方から聞いたことがあります。
次回はイシモチ狙いの片手間に狙ってみようかと思います。



本日の釣果
 アジ 13~20Cm 9匹

Jrのリクエストでなめろうでいただきました。
貧相な食卓なので写真はありません。


では、祈大漁!           釣太&Jrでした。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。